スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山岩太「神戸風景」 旧居留地 洗練されたイメージの源流(産経新聞)

 はて、ここはどこだろう? 白黒写真の真ん中に写るのは、玄関が柱で飾られたクラシックな建物。その奥に古城のような尖塔(せんとう)も見えている。手前で風に翻っているのは十字の旗だ。行き交う、おしゃれな帽子姿の男たち。古き良き時代の欧州、それともアメリカか…。

 戦前の日本を代表する写真家、中山岩太(いわた)(明治28~昭和24年)が撮ったこの写真、神戸を舞台にしている。太平洋戦争前、昭和14年ごろの旧居留地。この時期に中山が撮影し、後の神戸のイメージづくりにも一役かったとされる一連の神戸風景からの一枚だ。

 現在、西洋風の近代建築とモダンなビルが軒を連ね、神戸で最もファッショナブルな町並みの一つ、旧居留地。三宮神社の南の筋、神戸市役所・東遊園地の西の筋、鯉川筋をそれぞれ北、東、西の境とするこの区域(約22ヘクタール)には旧居留地15番館、同38番館など9つの近代建築が現存する。

 それらがオフィスとして、また小売り店舗・レストランなどに改装され、実際に使われながら残るのは神戸ならではの景観。港からの潮風に、今も、異国の香りを感じとる人は多い。

                   ◇  

 米、仏で写真家のキャリアを華々しくスタートさせた中山は、東京滞在を経て、昭和4年、兵庫・芦屋に移住する。11年には神戸大丸に開かれた写真室を任され、地元での活動を本格化する。

 乾板を何枚も重ねて焼き付けたりするフォトモンタージュなどの手法を使い、幻想的な画面を描出する「芸術写真」で一線を駆けた中山。スタジオでの写真を得意とし、デッチあげても、美しいものに作りあげたい、との思いを抱いていた。

 その中山が、都市の実写を手がけた背景は何だったろう。当時、神戸周辺は私鉄による開発で新たな観光施設が整い、神戸市は主に外国客向けに観光事業の拡大を企図していた。パネルやパンフレットで、視覚的に「モダンな国際港湾都市・神戸」のイメージを打ち出そうとし、中山ら芸術家に白羽の矢を立てたのである。

 一方、神戸の実態は造船など重厚長大産業の町であり、戦時下で撮影に制限もついた。中山はモチーフをぐっと絞り込んで、都市の姿を構成する。

                   ◇ 

 兵庫県立美術館(神戸市)で開かれた「写真家 中山岩太」展(4月17日~5月30日)には、中山の神戸風景約60点が出品され、うち旧居留地が1割を占めた。ひと目では場所が分からない、雨にぬれた路面だけの作品も複数あった。

 旧居留地の作品も、写っている建物を、近代建築に造詣の深い、ひょうごヘリテージ機構神戸地区の中尾嘉孝さんが確認したところ、20分ほどで歩ける範囲での撮影とわかった。

 「中山は神戸を百科事典的にとらえたのではなく、鋭い感性で、近いところを集中的に撮り、切り口を変えて多様性を見せている」と、同美術館学芸員の相良周作さんが評する。

 作品は、当時の神戸市が伝えたかったイメージを内外に広め、今も神戸に抱かれるエキゾチックな感覚の一つの源流となったとされる。都市に向けられた、芸術写真作家としての中山の視線。神戸のイメージを演出し、洗練させている。(坂下芳樹)

                   ◇

【メモ】中山岩太と風景写真

 中山岩太は海外では、東京美術学校(現・東京芸大)卒後に滞在したアメリカ、フランスなどの風景写真を撮影している。国内では大阪なども撮影しているが、プリントの作品として残るのは神戸風景が主力。神戸では旧居留地のほか、元町、新開地、湊川神社などもロケ。日本的な場所でも大胆に陰影をつけるなどして、独特の雰囲気を醸し出している。

                   ◇

 歌舞伎や小説、写真、歌…。さまざまな作品に登場する舞台の“今”を訪ねます。

臨時国会で「成立確信」=郵政法案めぐり自見担当相(時事通信)
<無賃乗車>IC乗車券不正利用は85人 JR東海社員処分(毎日新聞)
菅首相の所信表明詳報(5)「与野党の壁越え国民的議論を」(産経新聞)
横浜の弁護士殺害 千葉の男に逮捕状 自宅を捜索(産経新聞)
知人宅を「後援会事務所」=経費4200万円計上―「適切」と説明・荒井戦略相(時事通信)
スポンサーサイト

保険金3600万詐取=死亡装い、朝日生命から―容疑で2人再逮捕・警視庁(時事通信)

 死亡を偽装した保険金詐欺事件で、警視庁捜査2課と築地署は7日、朝日生命からも死亡保険金約3600万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で無職西村豊容疑者(55)ら2人を再逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑によると、2人は共謀し、朝日生命に西村容疑者が心筋梗塞(こうそく)で死亡したとする偽の診断書を提出。2003年12月、死亡保険料約3600万円を詐取した疑い。 

【関連ニュース】
暴力団会長、生活保護費を不正受給=466万円詐欺容疑で逮捕
「財布忘れた」、100回通過か=首都高料金詐欺容疑の男逮捕
いちよし証券元課長を追送検=2人から750万詐取容疑
未公開株詐欺、計21億か=容疑で7人再逮捕
「だまされたふりを」と現金詐取=警察作戦逆手の振り込め

鳩山首相 続投姿勢崩さず 三者協議は継続(毎日新聞)
ホンダ 「スーパーカブ」1万5991台をリコール(毎日新聞)
<窃盗>民主・石井参院議員 1000万円入り金庫盗まれる(毎日新聞)
生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
神戸のパンダ2頭、あと5年間滞在延長(読売新聞)

<尾瀬>山開き 遅い雪解け、残雪の合間からミズバショウ(毎日新聞)

 群馬、福島、新潟、栃木の4県にまたがる尾瀬国立公園が21日、山開きした。3カ所の登山道に通じる群馬県片品村戸倉の広場では、尾瀬山小屋組合(組合員数17人)主催のセレモニーが開かれ、シーズン中の安全を祈願した。

 尾瀬はこの日、好天に恵まれ、山開きを待ちわびていたハイカーが続々と入山した。白石光孝組合長(67)によると、今年は4月に降雪があった影響で、雪解けが例年より約1週間遅く、木道(もくどう)にはまだ雪が残っている場所があるという。ミズバショウは残雪の合間から顔をのぞかせており、見ごろは6月中旬の見込み。【喜屋武真之介】

【関連ニュース】
ミズバショウ:「純白」競う…岐阜・郡上
ドライビングスポット:ミズバショウが見物客を魅了--飛騨・池ケ原湿原 /岐阜
ドライビングスポット:ミズバショウ 湿原一面に--片品・「水芭蕉の森」 /群馬
ミズバショウ:奥裾花自然園に群生、咲き誇る81万本 /長野
ミズバショウ:湿原一面に--片品・「水芭蕉の森」 /群馬

川崎信金秘書室長を逮捕=覚せい剤所持容疑、大手企業社員らも―神奈川(時事通信)
「競輪」にも仕分けのメス…還付事業など「廃止」と判定(スポーツ報知)
福井新聞記者を逮捕、DVDソフト複製し販売(読売新聞)
F22が来週から嘉手納基地に=哨戒艦沈没に絡み存在示す? ―米空軍(時事通信)
内科副部長、盗撮容疑で逮捕=専門学校生のスカート内―広島(時事通信)

今年度の業績、「大幅な減収・減益を予想」―田辺三菱(医療介護CBニュース)

 薬事法違反により4月17日から25日間の業務停止処分が解除され、5月12日から業務を再開した田辺三菱製薬は同日、今年3月期(昨年度)決算を発表した。決算説明会で土屋裕弘社長は今年度の業績予想について、不透明な要素もあるとしながらも、現時点では売上高3800億円(前期比6.1%減)、営業利益550億円(10.5%減)、経常利益550億円(10.8%減)、純利益270億円(10.8%減)と、「大幅な減収・減益を予想している」と述べた。

【国内医療用医薬品売上高詳細】


 土屋社長は決算説明会の冒頭、「ご迷惑とご心配をお掛けしたことを深く反省いたしまして、改めて心からおわびを申し上げます」と陳謝した上で、一連の問題について社会的責任を明確にするために、株主総会での承認を前提に代表取締役の異動や社長直轄のメドウェイ問題対策室の新設など経営体制を刷新することと、自身を含め役員報酬の一部を自主返上することを明らかにした。土屋社長は業務再開に当たり、「今後は再発防止に向け当社グループ全員が真摯に取り組み、患者の皆様、医療関係者の皆様、社会の皆様からの信頼回復に最大限努めてまいる所存」と強調した。

■最主力品や後発品の伸長などで国内医療用医薬品5.7%増

 昨年度の決算については、最主力品の関節リウマチ薬レミケードが472億円(26.2%増)と大幅に伸長。また、新発売の新型インフルエンザワクチン「A型インフルエンザHAワクチン(H1N1株)」が88億円、2008年に設立した子会社の田辺製薬販売の後発医薬品も85億円(114.9%増)と大幅に伸びたため、国内医療用医薬品は3546億円(5.7%増)となった。

 全体では、08年度まで連結子会社だったエーピーアイコーポレーションが昨年度から持分法適用関連会社に移行したことなどから、売上高4047億円(2.4%減)、営業利益615億円(14.3%減)、経常利益616億円(15.1%減)だったが、特別損益の大幅な改善で純利益は303億円(14.0%増)だった。

 今年度の業績予想では、行政処分の影響から不確定要素が大きいため、売上高、各利益以外の事業別売上高や主要製品売上高、上期業績などの予想の開示は控えるとした上で、速やかに情報収集し、業績への影響を精査した上で、第1四半期決算発表時に改めて開示を検討するとした。


【関連記事】
「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分
田辺三菱子会社のデータ改ざん、「看過できない重大な不正行為」―日薬
田辺三菱に25日間の業務停止命令
国内医療用医薬品は順調に推移―田辺三菱製薬4-12月期決算
田辺製薬販売と長生薬品が合併へ

福島氏が閣僚懇で県外移設を要望 普天間問題(産経新聞)
徳之島移転「距離的に無理」米高官が自民議員に(読売新聞)
農業の島に基地いらない=鹿児島市でも反対集会、徳之島移設で5千人-普天間問題(時事通信)
分かりやすい条文に修正検討=都青少年条例改正案-石原知事(時事通信)
皇太子さま、首都圏外郭放水路に(時事通信)

国家公務員の新規採用半減へ=11年度、人件費抑制-総務相(時事通信)

 原口一博総務相は27日の閣議後の記者会見で、来年度の一般職の国家公務員の新規採用を、2009年度からおおむね半減させる方向で調整する方針を明らかにした。国家公務員の総人件費の抑制が狙い。
 民主党は昨年の衆院選のマニフェスト(政権公約)で、定員の見直しなどで、国家公務員の総人件費の2割削減を打ち出していた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
静岡で新茶の初取引=生育遅れ単価2倍に(時事通信)
9カ月乳児、壁に投げ付け=傷害容疑で父逮捕-福岡県警(時事通信)
<火山噴火>旅行者100人足止め 成田空港(毎日新聞)
<ホラー小説大賞>ふりーくかなさんの「あゝ人不着紬」に(毎日新聞)
プロフィール

いまふくこうじ

Author:いまふくこうじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。